とうもろこしの栄養はスゴイ!※その効果や効能とは?

■この記事は約 3分で読めます。

2014-11-29_083233-compressor

とうもろこしって美味しいですよね~^^

甘いし、食べだしたら止まらないwデザートしてもいいし、料理のアクセントにもなります♪

一見、おやつっぽい野菜だし、大した栄養はないんじゃない?って思うかもしれないんですけど、とうもろこしって意外と栄養がスゴイんです!

どうもユウです^^

とうもろこしっていうと、ご飯のおかずっていうイメージはあまりないですよね。

おかずの中にちょこっと入ってるようなもという感覚じゃないでしょうか?

それよりもおやつに近い感覚です。その為か、あまりとうもろこしの栄養について知られていないようです。

というわけで、今回はそんなとうもろこしの栄養や効果などについてお伝えします^^

とうもろこしの栄養とは?

とうもろこしに含まれている代表的な栄養成分は。。。

・カロテン
・タンパク質
・リノール酸
・炭水化物
・亜鉛
・銅
・鉄
・マグネシウム
・カリウム
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンE
・葉酸
・食物繊維

一つ、一つ書いていくとこんなにもあります!ホントすごいです^^

成分の幅が広いから、これだけでかなりの栄養をカバーすることができます。

実際、アフリカなどではとうもろこしが主食という国もあるくらいで、小麦、稲と並ぶ世界の3大食用作物のひとつとなっているんです!

効果や効能を教えて!

とうもろこしがどんな効果に期待できるのか書いてみました^^

・免疫力を上げる

カロテン、ビタミンB2、葉酸、亜鉛など

・動脈硬化の予防

リノール酸

・腸内環境の改善

食物繊維

これ以外にもミネラルが豊富なので抗酸化にも期待できます♪

他にもガンや神経症、不眠症対策にもおすすめできる野菜となっています。

デメリットはある?

これだけ絶賛してきたとうもろこしなんですけど、実は2つデメリットもあるんです^^;

知ってるって方もいるかもしれませんが。。。

消化が悪い

そんな大げさなものではないんですが、食べた事のある人は感じているかと思います。

胃腸の調子が悪い時に食べる場合は、そのまま食べるのではなくてスープにするなど柔らかくしたほうがいいです^^

それともう一つは、

食べ過ぎた場合、アレルギーが出る可能性がある

これだけ見ると、えっ!ってびっくりするかもしれません。

ただ、このアレルギー症状が発症するケースは現在ほとんどないそうです^^;

なので基本的には過剰に食べないって事と消化に注意って事ですね。

まとめ!

今回のとうもろこしの栄養、効果についてまとめると栄養価がかなり高い野菜で食物繊維も豊富!

消化に悪い、アレルギーっていう欠点もあるけど、免疫力を上げたり病気の予防や体調管理に役だってくれている世界中で食べられている代表的な野菜です^^

●当サイト厳選!野菜通販の宅配サービス!

20種類以上の野菜セットを試した中で、特に良かった野菜セットです。本当に美味しい野菜が食べたい方にオススメです♪

らでぃっしゅぼーや
野菜宅配大手で品質・安全性が高く、値段も安いです。国よりも厳しい放射能の安全チェックを行っています。
オイシックス
品質、安全性ともに高く、野菜以外にもこだわりの果物や牛乳・お肉なども楽しむことができます。
九州野菜王国
新鮮な九州産だけの野菜セットになります。放射能の心配がいらない安心できる野菜です。
 
 【2016年】野菜宅配セットランキングはこちら!
  この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^