ネギの選び方とは?知っておきたいポイント&保存方法!

■この記事は約 3分で読めます。

2014-11-29_065132-compressor

ネギって特有の香りがあっていいですよね^^

これが苦って方もいると思いますが、僕はけっこう好きですね^^

今回はそんなネギの選び方から保存方法まで書いてみる事にしました。

こんばんはユウです^^

ネギっていうと料理のアクセントに使ったりするのが大半で、そのままネギメインで食べるって人は少ないと思います^^;

なので、ネギだったらとりあえず適当に選んでおけばいいって人もいますが、新鮮なネギはホントに美味しくてクセになってしまうくらいです^^

まずは、そんな美味しいネギの選び方、見分け方のポイントからお伝えしていきますね。

美味しいネギの選び方のポイントは?

根っこの上の部分がふくらんでいる

ネギが養分をためるところって、根っこの上なんです。

ここがらっきょうみたいに、丸く膨らんでいたらそれは、ちゃんと栄養がありますよっていう目印になるのでここはチェックしてくださいね

表面が乾燥していないもの

時間が経過していて、古くなっているものは表面が乾燥してみずみずしさがなくなっています。

一方、新鮮なものはきれいなツヤがあってツルツルしているので、こういったものがいいですね。

葉にハリがあって真っ直ぐしている

新しいものほど、ネギの葉の部分(緑色のところ)がシャキッとしててハリがありますね。

逆に古くなるとしなっとして元気がない感じになっています。

特に見てほしいのが根の上のふくらみですね。たまにここがふくらんでいなくて、まっすぐしたものもあるんですが、そういうものは避けてくださいね^^;

美味しくないので。

ふくらんでいるものほど、辛みも少なくてすごく食べやすいですよ^^

保存方法はどうすればいいの?

では、続いてネギの保存方法にいきますね^^

ネギが長持ちする方法として、一番ベストなのは土をかぶせておく事なんです。

ただ、これは泥が付いたままのネギの場合なので普通にスーパーなどで買ってきたものに毎回土をかぶせるっていうのはかなり面倒ですよね^^;

スーパーで買ってくるネギのほとんどは泥が付いていないものだと思うので、

そういう土が付いていないものは、新聞紙で包んで日の当たらない暗いところで保存するのがおすすめです。

すでにもう使いかけがあるんだけど?っていう人は冷蔵庫でOKなので入れちゃいましょう^^

まとめ!

今回のネギの選び方、見分け方と保存方法。これらをまとめると以下になります。

よかったら参考にされてくださいね^^

選び方のポイント

  • 根っこの上にふくらみがある
  • 表面が乾いていない
  • 葉にハリがあってピンとしている

保存方法

  • 土付きは土をかぶせて保存
  • 土付きでないものは新聞紙などにくるんで冷暗所
  • 使用中の物はそのまま冷蔵庫

●当サイト厳選!野菜通販の宅配サービス!

20種類以上の野菜セットを試した中で、特に良かった野菜セットです。本当に美味しい野菜が食べたい方にオススメです♪

らでぃっしゅぼーや
野菜宅配大手で品質・安全性が高く、値段も安いです。国よりも厳しい放射能の安全チェックを行っています。
オイシックス
品質、安全性ともに高く、野菜以外にもこだわりの果物や牛乳・お肉なども楽しむことができます。
九州野菜王国
新鮮な九州産だけの野菜セットになります。放射能の心配がいらない安心できる野菜です。
 
 【2016年】野菜宅配セットランキングはこちら!
  この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^